She has a…

 そこで猿は花火というものが、どんなに大きな音をして飛出すか、そしてどんなに美しく空にひろがるか、みんなに話して聞かせました。そんなに美しいものなら見たいものだとみんなは思いました。
「それなら、今晩山の頂上に行ってあそこで打上げて見よう」と猿がいいました。みんなは大へん喜びました。夜の空に星をふりまくようにぱあっとひろがる花火を眼に浮べてみんなはうっとりしました。
 さて夜になりました。みんなは胸をおどらせて山の頂上にやって行きました。猿はもう赤い蝋燭を木の枝にくくりつけてみんなの来るのを待っていました。

 赤とんぼは、三回ほど空をまわって、いつも休む一本の垣根の竹の上に、チョイととまりました。
 山里の昼は静かです。
 そして、初夏の山里は、真実に緑につつまれています。
 赤とんぼは、クルリと眼玉を転じました。
 赤とんぼの休んでいる竹には、朝顔のつるがまきついています。昨年の夏、この別荘の主人が植えていった朝顔の結んだ実が、また生えたんだろう――と赤とんぼは思いました。
 今はこの家には誰もいないので、雨戸が淋しくしまっています。
 赤とんぼは、ツイと竹の先からからだを離して、高い空に舞い上がりました。

みんなの顔の
耳たぶの
耳環もうつつてをりました。

誰かお花を
落したら
うつつたお空がゆれました。

カヤナの村の
井戸の水
ゆうべはじめて湧きました。

 
 
<リンク>
こちらのサイトではお肌の悩み別に基礎化粧品を探せます。
基礎化粧品 人気

通販で買えるおすすめのヘーゼルカラコンをご紹介。
プティア ワンデー エルムヘーゼル

  
2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031